ファイルメーカーを利用してアドレス帳を作れます

TOP > ファイルメーカーを利用してアドレス帳を作れます

ファイルメーカーを利用すると情報を集める事が出来るデータベースを作ることが出来ます。身近なデータベースの一つにアドレス帳が在りますが、アドレス帳と言うのは氏名と住所、電話番号、郵便番号等の情報が集められているもので、ファイルメーカーを利用する事でアドレス帳と言うデータベースを作ることが出来ます。

データベースと言うと専門的な知識が必要で在り、素人には難しいと言ったイメージが在りますが、ファイルメーカーでは難しさを容易に行えるためのツールが用意されているため、初めての人でも容易にアドレス帳等のデータベースを作りあげる事が出来るようになっています。

ファイルメーカーをさらに詳しく調べてみませんか。

ファイルメーカーを利用する上で覚えておくべきことは、データベースにはレコードと呼ばれている情報の集まりとなるページ、レコードを構成するフィールドと呼ばれている情報の入れ物が在る事です。



また、このアプリケーションにはブラウズモード、プレビューモード、レイアウトモード、そして検索モードと言う4つの表示モードが在り、このモードを切り替える事で情報の入力や検索、印刷画面として利用する事が出来るようになります。

レイアウトモードはフィールドと言う情報を格納するための箱を画面状に配置するモードで、プレビューモードは印刷画面を表示するモード、検索モードはフィールド内データの検索を行う時に利用するモード、そしてブラウズモードは情報を閲覧する時に利用するモードになります。